GoPro一覧

HOME SUIT BATTERY FOR HERO9

 新しいバッテリーを触ってみると、クオリティの高さが触感から伝わってくる。ケースのシボ、ラベルの歪みのなさ、素晴らしいクオリティ。あとはLEDの軸ずれがなければ完璧。ケース付きで1個1500円というコストパフォーマンスは信じられない。一度作ってる工場を見てみたいものである。このクオリティが当たり前に中国で生産されてしまうと、もう日本のメーカーは勝てないかもしれない。

 実際に使ってみたら、更に素晴らしい。1年間使い続けた純正バッテリーは寒さで電圧が低下してしまっていたのに、この新しいバッテリーは極寒の中で使用しても、低電圧となりGoPROが停止することなく、使い続けることができた。とっても満足。

 そして、もう一つ思わぬ新しい体験を手に入れた。今回、初めてライドログ(モトログ)を撮るときに、バッテリーを4個体制で使ってみた。めっちゃいい、今まではバッテリーが1個だけだったので、停止や撮る時も10秒単位で電池をケチったのに、ちょっとした走行で、つけっぱなしの判断ができ、撮ったままでの画角変更など撮影の試したいアイデアに対してやってみようという行動の許容範囲が増えた。色々な画角に挑戦することができたことはプライスレスである。

 逆に言えば今まで1本のバッテリーで確実に1話を撮るという荒業を良く60話も続けてきたなと自分を感心してしまいましたw 最初からバッテリーが複数本あったら、もっと違う進化があったかもしれない。いやいや1本で確実に撮る習慣があったからこそ、編集時も既に絵コンテが頭にあり、短時間で編集できたのかもしれない。でも今回から卒業します。これからはバッテリーが複数あるからこそのコンテンツを生産していきたいと思います!! おそらく計画通りでないシーン、偶然という名の新しい何を勝ち取れるのではないかと思っています。

— 下記はYouTubeコンテンツにする場合のセリフw

 ということで、本日のモトログはおしまい。また来週会いましょう!! そうそうチャンネル登録お願いします。またグッドボタンもよろしくお願いします。コメントに一言書いてもらえると、やる気が湧いて良いコンテンツが増産できます。ということで、ご視聴ありがとうございました。


GoPRO HERO9 冷感使用時の停止問題

朝6時の気温が7℃と寒くなった時、突然GoPRO停止はやってきた。停止のアラートはバッテリーの低電圧によるとのこと。インジケータを見るとまだ50%以上は残っている。冷やし過ぎでカメラの温度センサが保護のために停止したのかと思ったけど、色々と調べたらバッテリーを繰り返し使用していると、低温時に過剰な低下が発生するという噂も。本当かどうかはわからないが、どっちにしろ2回連続で発生したので、今週末も発生しそうな予感。ということで予備のバッテリーを発注。

発注した商品はサードパーティ、純正でないものをチョイス。純正は1個3500円だが、これは3つと充電器がついて約4500円とリーズナブルである。もちろん純正より長持ちしない説もあるが、もうこうなったら使い捨て、短期でも良いから安価なものを沢山使うという考え。でも、これがしっかりと使える物であれば、3個も予備のバッテリーが揃うので、純正合わせて4つとなる。もうこれで時間配分考えなくてもガンガン撮れますねw

アップロードし放題のクラウドオプションに入っているので、嬉しい限り。ただし、1点だけ問題がある。私が持っているMacBookProの使えるデータ領域が50GBしかない。電池が切れないからといって、調子に乗って撮影するとPCで処理できないという問題も発生する。やはりしっかりと必要な時間だけと撮るが正解かも。ということで、明日届くので、週末は再度、極寒の中走ることにする。