日記一覧

でぃじゅーごーといいじゅーごー!

久しぶりに名古屋の栄まで妻と散歩。お昼はコメダ珈琲のやわらか シロコッペを買って久屋大通りの公園でのベンチがいっばいだったので公園の縁に座って食べる。白いコッペパンは柔らかくて、中に挟んである卵もふわふわで美味しかった。午後1時、外で食べてても寒くない。もう春ですねぇ暖かい。流行りのものを買って食べるデートは名古屋の栄にバス代210円でこれる場所に住んでいる幸せの一つ。

スナッブ写真は途中で寄った三越のラシックでポスター。何と15年目だよ。ということは開店と同時に名古屋に来た私と妻も15年目であるということ。妻と話していて気がついたのだけど、自分の人生で一番長い期間住んでいる街が名古屋にということに気がつきました。両親の実家で暮らしたのは、8歳の時に引っ越してきて大学生の時に家を出たから約10年間。子供時代は濃くて長く時が感じる時だから、もっと長く住んでいたような気がするけれど。また就職した時も22歳に立川に来たときも名古屋に行くまでは約13年。うむ一番長いね。感慨深いよ。これからも毎年、ラシックの看板をスナッブして生きていこう。

2020年 – DJ KOOをキャラクターに、自身の芸名とラシック15周年を掛けて、「でぃじゅーごーといいじゅうごー!」のキャッチコピーで開業15周年を祝う。

ラシック https://ja.wikipedia.org/wiki/ラシック

今年のホタルイカは当たり年?

今年は身がパンパンに詰まっていて、大きさも最大級にデカイ。

妻がスーパーで私の大好物であるホタルイカをビールと共に買ってきてくれました。以前だったら特大サイズという別パックで高級品として販売されていたサイズが、パックいっぱいに入って398円でした。通常サイズは298円ということから100円リッチなグレードで食べれるのはここ数年でも珍しい。チョイリッチで美味しかったので価値ありでした。

富山にホタルイカの刺身を食べに行った時のこと。

思い出すのは、愛車ハイエースでオートキャンプがてら富山の地元のスーパーを巡って刺身を食べたのが懐かしい記憶。また行ってみたいなぁ。何となくぼーっと過ごしている今日この頃、また一つしたいことが見つかりました。そうだ、したいことリストを作って行こう。あのAmazonの欲しいものリストのようにw

ホタルイカとは

ホタルイカ: ツツイカ目(開眼目ホタルイカモドキ科に属するイカの一種、 漁期は2月から5月頃、主な産地は日本海側の兵庫県、富山県、鳥取県、福井県

ウキペディアより抜粋 https://ja.wikipedia.org/wiki/ホタルイカ

今まで食べたホタルイカで美味しかったもの

ホタルイカは大好物で色々と食べました。大体の食べ方は上記の5パターンでしょうか。私の一番好きな食べ方は、やはり茹でですね。何と言っても、プリプリした食感で濃厚な中身を食べられる幸せは何事にも変えがたい。二番目と言えば煮干しですね。素干しに対して、くちゃくちゃになっている姿ですが、中の味噌の部分がしっかりと凝縮されて噛めば噛むほどお口いっぱいに広がってくる。私のお勧めは断然、煮干しですね。あーまた食べたくなってきた。