息子のゲーミングPCきました。

次男の息子が中学生まで貯めたお小遣いで購入したゲーミングPC、発注してから3週間。とうとうやってきました。最新のCPUにSSD、まーまー良いグラフィックボードでどんなゲームでもサクサクです。光るキーボードも、光るマウスも、今時のゲーム用な雰囲気で楽しそう。

GALLERIA RT5、十分満足えられました。

今回届いたのはこれGALLERIA(ガレリア)RT5です。性能は入門機なのでそんなにハイスペックではないらしいですが、今まで普通にMacbookAirとかを使っていたので、もうサクサクです。今時のゲームをインストールしても、楽々高画質で動くんです。素晴らしい。やっぱり性能良いパソコンはストレスフリーで良いですね。

スペックはCPUがRYZEN5 3500でグラフィックボードがGTX1660Super搭載、メモリもしっかりDDR4 16GBが入っている。ストレージはアプリの爆速起動をかなえるNVME SSD 256GBに加え、当分は容量も気にしないで使える1TB HDDがついている。初めてゲームをするための機体としては最高です。

さて届いて立ち上げみると、何と、ネックワークに接続するためには有線LANが必要、もしくはWiFiボードなど無線のハードが必要だと気がつきました。確かにネットゲームをする人たちは有線で接続するのがデフォルト、無線はついてない。

あっwifi子機買うの忘れた・・・w

ということで、早速、息子とWiFiの子機を買いに近所のヨドバシカメラまでバスで行ってきました。悩んだ挙句で選択したのは「TP-Link WiFi 無線LAN 子機 USB3.0 AC1900 1300+600Mbps デュアルバンド ビームフォーミング ハイパワー WiFi 子機 クレードル付き 3年保証 Archer T9UH」スピード重視の場合、wifi子機ではなく、ルーターを専用に購入してブリッジで繋ぐのが本来だと思うのですが、コストも掛かるし、スピードが出そうな子機タイプを選択しました。

早速ネットに繋げてみると、5GHzで十分なスピードがでていました。もともと我が家はフレッツマンションなのでハイスピードとはいえ混んでいる時は上りは20Mbps程度なのですが、下りはみんな使っていないので300Mbpsでてしました。すなわち通信機器としての性能は合格点です。素晴らしい。ドングルタイプでUSBを挿すタイプなのにこんなにもスピードが出ているとは凄いです。値段はちょっと高めのAmazonで4500円、店舗で購入したときは5500えんほどでしたが、望んだ性能が出ていたので満足というところです。

さてグラフィックボードGTX1660Superの性能

適当にNIVDAのWebサイトに行って3Dのデモプログラムを落として動かすと、最高ですね。ストレスなくくるくると動いて、いろいろなエフェクトもサクサク動いてます。素晴らしい。やはりPCは良いグラフィックボードを入れると楽しいです。
こんなエイリアンがマウスでクルクルと操作できました。3Dでもプログラムで遊ぶだけで楽しいw

まとめ

このセットで良かった。色々と情報集めてチョイスしたので公開なし。初めてゲーム用PCとして必要な性能は全て備わっていると思います。満足です。私のように息子がゲーム用のパソコンを欲しいと言われた時に購入する選択肢としては、このチョイスは現時点でベストであったと思われます。いやぁハードウェアの進歩は凄いですね。